PR

SBI証券のクレカ積立上限10万円に引き上げ決定!一番お得に積立ができるクレカは?

クレジットカード

この記事では、現役銀行員の筆者が、SBI証券のクレカ積立の10万円引き上げについて詳しく紹介しています。

これまでクレカ積立の上限額は月5万円でしたが、今後月10万円の設定が可能になり、クレカ積立でさらに多くのポイントを獲得することができます。

毎月の積立をクレジットカード経由に変えるだけで大きなポイントを獲得することができますので、ますますクレカ積立が見逃せません。

SBI証券のクレカ積立対象カードのお申し込みを検討されている方は、当サイトからの紹介入会がお得です。

下記の公式サイトよりお申し込みください。

\当ブログからの紹介で10,000円相当プレゼント/

SBI証券のクレカ積立の上限が10万円に引き上げに!

これまで、クレカ積立の上限額は、各社月5万円でした。

それが2023年の秋以降、クレカ積立の上限引き上げの議論がたびたびメディアで取り上げられるようになりました。

2024年より新NISAのつみたて投資金額が10万円に引き上げられることから、その金額に合わせて、クレカ積立も上限金額が月10万円になるのではないかとの見方が強まっていました。

【2024年3月8日】SBI証券がクレカ積立限度額10万円への引き上げ発表

2024年3月8日、SBI証券は正式に「クレカ積立上限額10万円への引き上げのお知らせ」を発表しました。

これまでクレカ積立の上限金額は月5万円でしたが、今後、上限金額が月10万円に引き上げされるとクレカ積立のメリットがさらに拡大することになります。

NISAのつみたて投資枠を利用した月10万円の積立も、今後は全額クレカ積立で引き落とすことができます。

当ブログ経由の三井住友カード申し込みで最大10,000円相当プレゼント

そもそもクレカ積立とは?

クレカ積立とは、投資信託の積立をクレジットカード経由で行うことができる仕組みです。

積立をクレジットカード経由で行うことで、買付金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。

SBI証券のクレカ積立は、業界最高水準のポイント付与率となっており、最大で積立金額の5%がポイントとして付与されます。

現在のクレカ積立上限額の月5万円の積立を行った場合、年間30,000円相当のポイントを獲得できる計算です。

投資信託の積立をクレジットカード経由で行うだけで、これだけのポイントが獲得できるため、積立投資を行っている方は必ず利用すべきサービスといえます。

ちなみに、クレカ積立はNISA制度を活用した積立も対象となっています。

\紹介入会で10,000円相当ポイント付与/

月10万円のクレカ積立で獲得できるポイント額

SBI証券でクレカ積立を月10万円行った場合、獲得できるポイント額はいくらになるのでしょうか。

クレカ積立で獲得できるポイント額をシミュレーションしました。

SBI証券のクレカ積立はプラチナプリファードで最大5%付与

SBI証券のクレカ積立は、カードの券種によってポイント付与率が異なります。

三井住友カード
プラチナプリファード

三井住友カード
ゴールド(NL)

三井住友カード(NL)
クレカ積立
ポイント付与率
5%1%0.5%
公式サイト公式サイト公式サイト

業界最高水準の5%のポイント付与を受けることができるカードはプラチナプリファード限られています。

年会費永年無料のカードでクレカ積立を始めたい場合におすすめなのが三井住友カード(NL)です。

ポイント付与率は0.5%と見劣りしますが、年会費を払わずにクレカ積立のポイントをコツコツと貯めていけるので、少額でクレカ積立を利用する方にもおすすめです。

クレカ積立を10万円利用で最大60,000P獲得!?

金額別でみたクレカ積立のポイント獲得額がこちらです。

三井住友カード
プラチナプリファード


5%
三井住友カード
ゴールド(NL)


1%
三井住友カード(NL)


0.5%
クレカ積立
月3万円
(年間36万円)
18,000P3,600P1,800P
クレカ積立
月5万円
(年間60万円)
30,000P6,000P3,000P
クレカ積立
月10万円
(年間120万円)
60,000P12,000P6,000P

仮にクレカ積立のポイント付与率が現状のまま変わらなければ、月10万円のクレカ積立で年間最大60,000円相当のポイントが獲得できる計算です。

毎月10万円積立投資を行っている方であれば、かなり大きなポイントを獲得することができます。

カード入会特典を合わせた初年度獲得ポイント額

SBI証券のクレカ積立の対象カードである三井住友カードは、新規入会キャンペーンを実施しています。

クレジットカードの新規入会特典と、SBI証券の口座申込みの2つキャンペーンが用意されており、プラチナプリファードの場合、両方の条件達成で最大73,100円相当のポイントが付与されます。

さらに当サイトからの紹介入会であれば、10,000円相当のポイントが付与されます。

新規入会特典だけでも、年会費を十分カバーできるポイント付与額となっています。

クレジットカードを新規入会し、クレカ積立を利用する場合に獲得できるポイント額についてまとめました。

初年度獲得ポイント額

三井住友カード
プラチナプリファード

三井住友カード
ゴールド(NL)

三井住友カード(NL)
クレカ積立
年間ポイント付与額

(月10万円積立)
最大60,000P最大12,000P最大6,000P
カード新規入会特典58,000P9,000P6,000P
SBI証券キャンペーン最大16,100P最大14,600P最大13,100P
当ブログからの紹介10,000P2,000P2,000P
初年度獲得P 合計最大144,100P最大37,600P最大27,100P
公式サイト公式サイト公式サイト

当ブログ経由の申し込みで最大10,000円相当プレゼント

SBI証券のクレカ積立におすすめのカード

クレカ積立は、利用するクレジットカードによってポイント付与率が異なります。

年会費や特典内容を考慮すると、クレカ積立やカードの利用頻度によって、選ぶべきカードが異なりますので詳しくみていきます。

クレカ積立は、積立開始までに時間がかかり、申込みのタイミングによっては、翌々月初からの積立開始になる場合もあります。

クレカ積立を利用したい場合は、早めに対象のカードを申込み、クレカ積立の設定を行うようにしましょう。

三井住友カード
プラチナプリファード

三井住友カード
ゴールド(NL)

三井住友カード(NL)
年会費33,000円(税込)5,500円(税込)
年間100万円達成で
年会費永年無料
年会費永年無料
カード利用時
ポイント付与率
通常1%

プリファードストア利用時
最大15%
通常0.5%

対象コンビニ・飲食店利用時
最大7%
通常0.5%

対象コンビニ・飲食店利用時
最大7%
継続特典100万円につき10,000P
最大40,000P
100万円以上利用で
最大10,000P
なし
カード入会特典
(紹介特典含む)
最大83,100P最大25,600P最大21,100P
クレカ積立
ポイント付与率
5%1%0.5%
公式サイト公式サイト公式サイト

しっかりクレカ積立・カードを利用するならプラチナプリファード

クレカ積立を月5万円以上利用する方であれば、プラチナプリファード一択です。

仮に今のポイント付与率のまま、クレカ積立の上限が10万円になれば、プラチナプリファードで獲得できるポイントは年間60,000円相当です。

クレカ積立の利用だけでも、年会費を大きく上回るポイントを獲得することができます。

実際、筆者もプラチナプリファードをメインカードとして利用しており、年間10万円以上のポイントを獲得しています。

プラチナプリファードはプリファードストア(特約店)でのカード利用で最大15%のポイント還元を受けることができたり、カード利用額に応じて継続特典としてポイントが付与されます。

そのため、筆者の実感では、利用額に対して3〜4%程度のポイント還元を受けることができている印象です。

年間100万円前後クレジットカードの利用がある方であれば、プラチナプリファードのメリットは十分享受できため、プラチナプリファードを発行するのがおすすめです。

\当ブログからの紹介で10,000円相当プレゼント/

プラチナプリファード 新規入会キャンペーン

プラチナプリファードは新規入会キャンペーンを実施中で、新規入会&条件達成で最大73,100円相当のポイントがプレゼントされます。

さらに当サイト経由のカード入会で10,000円相当の紹介ポイントが付与されますので、カードの入会を検討されている方は当サイト経由での入会がおすすめです。

新規入会特典だけでも最大83,100円相当のポイントが獲得できるため、クレカ積立をお試しで始めたい方でも初年度は10万円以上のポイント獲得も夢ではありません。

\当ブログからの紹介で10,000円相当プレゼント/

年間100万円以上のカードを利用するなら三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)は、通常年会費が5,500円かかるカードですが、1度でも年間100万円以上カードを利用すると翌年以降の年会費が永年無料になります。

クレカ積立のポイント付与率は、三井住友カード(NL)の倍の1%ですので、100万円の利用額を達成できる方であれば、三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめです。

仮に100万円の利用額条件を達成できれば、年会費をかけることなく、クレカ積立で年間12,000円相当のポイントを獲得することができます。(現状のポイント付与率が変わらず、月10万円のクレカ積立を行った場合)

ちなみに、毎年100万円以上カードを利用する方であれば、年会費はかかりますがプラチナプリファードのほうがトータルお得な計算です。

三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費永年無料でクレカ積立を利用したい方100万円の利用額を1回でも達成できる方におすすめのカードです。

ゴールドカードのため、旅行傷害保険や空港ラウンジの利用特典も用意されています。

\当ブログからの紹介で2,000円相当プレゼント/

三井住友カード ゴールド(NL)新規入会キャンペーン

三井住友カード ゴールド(NL)は、カードの新規入会&利用で最大9,000円相当のポイントを獲得することができます。(SBI証券の新規入会キャンペーン利用で最大23,600円相当

さらに当サイト経由の新規入会で紹介ポイントが2,000円相当付与されます。

新規入会特典で初年度の年会費を十分取り返すことができますので、申し込みを迷っている方は今がチャンスです。

三井住友カード ゴールド(NL)は、100万円の利用額達成で翌年以降の年会費は永年無料になるため、100万円の利用額を達成できる方であれば、こちらのカードがおすすめです。

\当ブログからの紹介で2,000円相当プレゼント/

年会費をかけずに気軽に始めたいなら三井住友カード(NL)

まずは気軽にクレカ積立を始めてみたい方は、三井住友カード(NL)がおすすめです。

三井住友カード(NL)は、年会費が永年無料のクレジットカードです。

クレカ積立のポイント付与率は0.5%とプラチナプリファードや三井住友カード ゴールド(NL)に劣りますが、年会費無料のカードでクレカ積立をお試ししたい場合に向いています。

三井住友カード(NL)は対象のコンビニ・飲食店での支払い時のポイント還元率が7%となっています。

セブンイレブン、ローソン、マクドナルドなどの対象店舗の利用額が7%ポイント還元されるため、対象店舗を利用する機会が多い方にとってはかなりメリットのあるカードといえます。

ちなみに、プラチナプリファード、三井住友カード ゴールド(NL)も対象のコンビニ・飲食店での支払い時のポイント還元率が7%となっています。

\当ブログからの紹介で2,000円相当プレゼント/

三井住友カード(NL)新規入会キャンペーン

三井住友カード(NL)は、カードの新規入会&利用で最大6,000円相当のポイントを獲得することができます。(SBI証券の新規入会キャンペーン利用で最大19,100円相当

さらに当サイト経由の新規入会で紹介ポイントが2,000円相当付与されます。

年会費永年無料のカードですが、カードの新規入会特典だけで8,000円相当のポイントを獲得することができるため、かなりお得なチャンスです。(カード入会特典6,000P+紹介2,000P

\当ブログからの紹介で2,000円相当プレゼント/

クレカ積立の10万円上限引き上げは今春にも!

SBI証券のクレカ積立の上限引き上げは間近です。

クレカ積立は、カードの設定後、実際に積立が始まるまで時間がかかります。

クレカ積立の恩恵を受けるためには、早めに対象のクレジットカードを用意して、クレカ積立の設定を行うようにしましょう。

✔︎ 10日までにクレカ積立設定で翌月月初からクレカ積立開始
(4/5 クレカ積立申込み → 5/1 クレカ積立初回買付)
✔︎ 
10日以降にクレカ積立設定で翌々月初からクレカ積立開始
(4/15 クレカ積立申込み → 6/1 クレカ積立初回買付)

SBI証券のクレカ積立対象カードのお申し込みを検討されている方は、当サイトからの紹介入会がお得です。

下記の公式サイトよりお申し込みください。

当ブログ経由の申し込みで最大10,000円相当プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました